iPhoneを安全に使用するためのポイント

by author



TOP > iPhoneを安全に使用するためのポイント

iPhoneはいつでもどこでもインターネットに接続でき、いろいろな機能を持つアプリを使って生活を豊かにすることができますが、普通の携帯電話のような感覚で使用していると思わぬトラブルに見舞われる場合もあります。iPhoneを使用している方やこれから使用する予定の方は、安全に使うためのポイントをしっかり押さえておき、速やかに実行することが大切です。
まず、iPhoneはインターネットに接続できる機器なので、ネットサーフィンをしているとパソコンと同様にウイルスに感染してしまうこともあります。
ウイルスに感染すると持ち主の知らない間に端末に保存されているメールアドレスや電話番号、メールデータなどの個人情報を外部のサーバーに送信するなどの個人情報漏えいの被害に遭う可能性が高いので、ウイルス対策を徹底することが大切です。

特に、最近は、偽サイトによるフィッシング詐欺も頻発しており、ウイルスが組み込まれたアプリも多数存在しているので、怪しいサイトにはできるだけ近寄らず、アプリはできるだけ「AppStore」以外のものはインストールしないようにしましょう。



市販のウイルス対策ソフトの中には、端末内のウイルスの検出だけでなく、フィッシングサイトなどに誘導するメールや怪しいウェブサイトを高確率で検出して警告してくれる高性能のものもあるので、こうしたソフトを購入してiPhoneにインストールしておくと安心です。



ただし、ウイルス対策を徹底していても、iPhone端末を落としたり、盗まれたりして悪意を持つ第三者に渡ってしまうと、個人情報が危険にさらされてしまいます。

こうしたことのないように、端末のロック機能を常にONにしておくとともに、必要に応じて遠隔操作でロックするサービスを利用するなど、不正アクセス対策を徹底しておきましょう。